スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告

蒸しタオルの作り方(簡単・レンジ)

蒸しタオルの作り方(簡単・レンジ)なんて難しく考えずにレンジでチンですよ^^ 
ただし、火傷には十分にお気をつけください!

蒸しタオルは電子レンジでの作り方が簡単ですが、毎日のように、美容や、洗顔、眼精疲労、角栓の除去などに使用されるのならば、ホットキャビンを利用されると冷めないし便利です。

◆蒸しタオルの作り方(簡単・レンジ)の色々!
水に濡らしたタオルをナルトや、ロールケーキのようにぐるぐる丸めます。
タオルの絞り具合とか、加熱時間を研究して自分の好きな具合を見てみると良いですね。

袋から取り出すときに熱いし、出来上がった時はそのまますぐに使えますから、敢えて袋にはいれません。500Wの電子レンジで1分加熱が手頃でしょうか。

蒸しタオル水量ですが、普通にギッチリ絞って良いと思います。
あまりタオルに残っている水量が多いと、上手に出来上がらないようです。
あまり熱すぎるのも、肌の水分を奪ってしまう恐れがあるそうですから、肌に使用する際には、注意が必要です。1分以内であれば大丈夫でしょうが、レンジから出したら確認しましょう。

また、広げたときにすぐ顔にのせられるように、タオルを畳んでから水でぬらして硬く絞って、ラップでくるんだり、ジップロックに入れてチンされる方も多いようです。袋から取り出すときは熱いので火傷には十分な注意が必要です。

■蒸しタオルの作り方 水加減
・洗面器などの容器に水を張り、畳んだ状態でタオルを浸します。
・蒸しタオルに残る水量の加減は、水滴が出なくなる程度に、ある程度硬め絞りますが、絞り過ぎは良くありません。
・ラップで包んだり、ジップロックに入れてチンされる場合は、水分の蒸発を防ぎますので硬めに絞ります。(水分が多すぎると火傷するほど熱くなりますから要注意!)

■蒸しタオルの作り方 温め方と時間
・ラップするか、チンできるジップロックにタオルを入れます。こうすることで、水分の蒸発防止もできますし、レンジの汚れや二オイ移りも防げて衛生的です。
・温める時間は、レンジによっても変わってきますが、1分~2分が妥当でしょう。2,3回作れば、自分好みの、蒸しタオルの作り方や時間が判りますよ^^
・ラップを外したり、袋から取り出す時には火傷に注意しましょう。

■蒸しタオル 使用前に適温に冷まし確認しましょう!
・畳んだり、巻いたタオルを一気に全部広げます。冷め過ぎないように手早くしましょう。
・広げただけでいい感じに冷めます。熱すぎる場合には、タオルを少しパタパタとあおぎますが、少し熱い位が丁度いいでしょう。

蒸しタオル 効果は美容、健康に著しい結果をもたらしてくれます。
簡単な作り方で身近な蒸しタオルですから、その効能を見落としがちですが、温法療法には様々な効果があります。経済的な負担もなく有効な方法ですから、積極的に活用しましょう^^





蒸しタオル 作り方

<< 蒸しタオル 美容効果(使い方) | 蒸しタオル 効果 (美容・健康)TOP |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。